海外での個展

 

NYアートエキスポでの個展


毎年ニューヨークで開催されているアート・エキスポは、多くのギャラリーがブースを出店する、アートのトレードショーです。ギャラリスト、バイヤー、インテリアデザイナーやアートコレクターなどが例年2万5,000人近く来場します。

この展示会のソロブースでの個展開催もサポートしております。詳細はこちら>>

2016年4月にこの展覧会で個展を開催した書道家の鍛治山孝さんは、商談も入り、作品の半数が完売しました。大変アーティストのPRと販売に適した展示会場です。

ART EXPO 2016 展示風景映像

ART EXPO 2016がニューヨークのCBSニュースで紹介された映像



NYで作品を発表したいと思っても、海外には貸画廊はほぼありません。コマーシャルギャラリー(企画画廊)に作品やポートフォリオを持ち込んでも、まず展示できないのが現状です。まずは、そういったアメリカのギャラリストやキュレーター、コレクターの目にとまることが必要です。

そのためにもNYの画廊やアートエキスポにて展示し、アート関係者に作品みてもらい、海外のギャラリーと契約できる機会を少しでも作っていただけたらと考えています。

海外にはアートを買うコレクターが、日本よりも数多くいます。

アートレイツ・ロンドン・ギャラリー

アートレイツ・ロンドン・ギャラリーは、ファッションやアートに関するお店や建物の多い、ロンドン市内のオールドストリートに位置しています。 人通りの多い表通りに面しており、大きなショーウインドウ越しにギャラリー内が見えるので、多くの方々に興味を持っていただきやすいギャラリーになっています。

アートレイツ・パリ・ギャラリー

アートレイツ・パリ・ギャラリーは、16~18 世紀の街並みが美しいパリ最古の界隈のひとつで、おしゃれなセレクトショップやカフェなど現代的なお店が多くおしゃれスポットとして最も注目されるマレ地区にございます。ピカソ美術館と同じ通りにあり、周りはアートギャラリーに囲まれています。

NY ジャダイトギャラリーズ



ジャダイト ギャラリーズは、ニューヨークのマンハッタン内、ヘルズキッチンというエリアにあるギャラリーです。 1階にギャラリースペースがあり、路面に面した画廊になります。ニューヨークで30年ギャラリーを開き続けている実績があり、NYタイムズにも掲載されたり、コレクターも抱えている画廊です。

ジャダイトギャラリーズ会場詳細

ジャダイト ギャラリーズ展示会場図面

jadite‘S‘̐}–Ê

NY ローグスペース

マンハッタンのチェルシーは、国際的に有名なギャラリーが多く集まるギャラリー密集エリアです。ローグスペースは、多くの企画ギャラリーが入居するチェルシーのビル9Fにあります。

ローグスペースの会場詳細

ローグスペース展示会場図面

img_06

個展開催費に関して



個展開催費は会場や開催期間により異なりますが、60万〜160万円となります。
詳しくはお問い合わせください