翻訳サポート

アーティスト・ ステートメント作成/翻訳サポート

アーティストステートメントとは、アメリカのギャラリーに作家さんを売り込むときに必ず提出を求められる書類です。
アーティストステートメントの書き方という本が出版されているほど奥が深いものですが、簡単にいうと作家がどんなコンセプトで制作しどのようなことを考えているかを書いた文章になります。

アートレイツの開催する海外の展示にご参加の際は、必ず正しい英語で書かれた経歴とアーティスステートメントのご用意をお願いできたらと思います。それがあった方が適切な作品解説をお客様にさせていただくことができ、少しでも作家さんの作品販売の後押しになるように励みたいと考えております。

ちゃんとしたコレクターさんは作品を買う前に作家の経歴と作品コンセプトを知りたがるので、ステートメントの英文をポートフォリオに入れて作品と一緒にお送りください。 作品解説は、ポートフォリオに入っているステートメントをみて、スタッフがご説明したり、解説したりさせていただきます。

また、アメリカでいうアーティスト・ステートメントとは、日本でいう単なる作品のテーマ、コンセプトを書いただけの文章とは若干異なります。アメリカで通用するアーティスト・ステートメントを作成されるには、アーティスト・ステートメントの翻訳に精通した、ニューヨーク在住のプロの翻訳家に依頼することをおすすめいたします。



cc

翻訳家紹介

ARTRATESでは、アーティスト・ステートメントの作成アドバイスをしてくれるニューヨーク在住の翻訳家、または日本在住で海外留学経験のあるプロの翻訳家をご紹介しております。

翻訳家

アーティスト・ステートメントとは

アーティストとして追求しているテーマや、技法、思想などについて記したコンセプト文のようなものです。 海外では、日本とは逆に、作品自体のクオリティだけでなく、作品の「コンセプト」も大変重視されます。アメリカでは、ギャラリストに作品を見せる際には、ほとんどの場合、ステートメントも提出を求められます。アメリカの美術界では、英語の経歴だけでなく、ステートメントもちゃんとしたものができていて当然といった風潮があるほどです。

アーティストステートメントの書き方としては、日本人がよく書くコンセプトの文章構成とアメリカ人が書く文章構成とでは大きな違いがあります。そのため、作成アドバイス付きの翻訳をおすすめしています。 ステートメント作成アドバイスは、現地のアート事情にも詳しく、ニューヨーク在住の翻訳家が担当致します。