Q. 展示参加費用の分割はできますか?

グループ展参加の場合、分割はできる限り3回まででお願いしておりますが、分割は可能です。 展示初日より2〜3ヶ月前までに全額をご入金頂く形でお願いできればと思っております。

Q. 郵送搬入するつもりです。送料はいくらくらいになりますか?

日本の郵便局から国際スピード郵便(EMS)で送っていただきます。サイズや荷物の重さにもよりますが、グループ展の展示規約内のサイズと点数(F20号以内1から3点まで)ですとおおよそ6000円〜1万円以内くらいで送ることができると思います。詳しくは下記のEMS料金表をご覧下さい http://www.post.japanpost.jp/int/download/charges.pdf
EMS送信可能サイズ

Q. 委託搬出を希望です。その場合、グループ展は、クロネコ国際宅急便での作品返送(着払い)となっておりますが、いくらくらいかかりますか?

委託搬出をご希望の方は、展示終了後にニューヨークやロスより作品をご自宅あてにお送りしますので、荷物をお受取時に、送料実費分を宅配業者にお支払いください。 下の画像が料金表になります。現在のレートですとおおよそ1ドル120円くらいです(2015年10月のレート)。

そのときの外貨レートにもよりますが一部3000円程度加算され、60sizeの一番小さい段ボールに入る作品だと7,000円くらい、160sizeの一番大きい段ボールに入る作品でかかる送料17,000円くらいかと思われます。ただし、その月の燃油税などにより変動するようですので、必ず、下記の料金表とあわせて、クロネコ国際宅急便のサイトをご確認ください。

作品送付伝票に書く、荷物の内容品価格を高額な金額にしますと関税が多少取られる場合がありますので、400ドル以内にされることをおすすめしております。

size

size2

Q. 展示風景写真は送ってもらえますか?

現地に行けない方の為にも、展示風景写真を撮影し、お送りいたします。実際にご自身の作品が海外で展示されている写真や、レセプションに多くのお客様がいらしている様子を写真や弊社からのご報告メールにてご確認いただけます。

現地に行かれると、作品を見てくださった方からの感想や好評を直に体感できてよかったと皆様おっしゃってくださいますので、行かれる方は是非現地に足を運ばれて、海外展の楽しさを体感していただければと思います。

Q. 作品の値段はどのようにすればよろしいでしょうか?

アメリカで展示の場合、作品の値段は、ドルでつけてくださいますようお願いします。ドルで作品を販売させていただき、作品が売れましたら、販売手数料をのぞいたあとの金額を、お支払いしております。作家さん円に換算してお振込させていただきます。円とドルのレートは、インターネットで「ドル換算」と検索するとすぐにその日のレートがでてきますので、それでご計算ください。現在は1ドル105円くらいです。(2016年11月のレート)

Q. NYなどの海外展示会場に行けなくても展示は参加できますか?

もちろんご参加いただけます。展示設営も搬出・発送もNYやLAなど海外在住の現地スタッフが代行致しますのでご安心ください。搬出も、委託搬出ご希望の方には、すべて代行して日本へ返送させていただきます。

Q. 展示の設営方法は、画廊の壁にくぎうちは可能ですか?

可能です。ただし、ドリルで壁に穴をあけることはできない場合もあります。作品の裏にはヒートンとひもを必ず取り付けておいてくださいますようお願い致します。

Q. グループ展に参加しますが、一回の展示参加の際に、立体と平面作品と両方展示はできますか?

彫刻台利用、壁面利用、それぞれで展示参加が一枠とさせて頂き一人分の参加費をいただいております。両方ご利用の場合は参加枠を2枠おとりいただければ、ご利用いただけます。

Q.サイズ制限はありますか?

グループ展参加の場合は3辺の合計が160cmに入る箱一箱まででお願いしております。 個展の場合は、国際スピード郵便(EMS)で送れるサイズまで(おおよそF40号を1点くらいが送れる最大サイズ)でお願いしております。それ以上のサイズの作品を送られたい場合は、必ず事前にお問い合わせ下さい。変形パネルや特殊な作品を展示したい場合は事前にサイズをお知らせ頂き、ご相談頂ければと思います。

Q.郵送搬入の場合、展示の作品送付時期は展示初日のどのくらい前ですか? 

作品を展示初日から数えて3週間くらい前までに、海外の画廊あて、もしくは弊社指定の海外住所あてに送っていただきます。

展示終了後には作品を日本に返送しますが、展示終了後おおよそ1〜3週間程度で届きます。作品が沢山売れれば返送の送料は残った作品分の送料しかかかりません。